2011自転車の旅。2日目

旅2日目。
旅の朝は早い。
6時に起きて今日の準備。そして6時45分にホテルの朝食を食べに行く。
このホテルは朝食が評判よかったんだけど、評判通りまぁまぁだった。
それにしても周りはサラリーマンだらけ。
そしてパパっとホテルを後に電車で今日の出発地点の辰野駅へ。
今日はここからひたすら南下して行く予定。
9時前に辰野に着き出発。
いよいよ憧れの長野県南部、飯田の方に行けるからテンションあがるなー。
とりあえず町の風景はこんな。

なかなかのどかないい感じ。
適当に進んでると神社があったので早速寄り道。
中に入ってみると、ボン、ボン、と音がする…
まぁ良いかと気にせずにお参りしてると、上からデカイ実が落ちてきた。

何の実でしょうか?
中は栗みたいのが入ってて、結構でかくて固い。
頭の上にバンバン落ちてくるので早めに退散。
とりあえず先に進もう。
…どうもここら辺は、結構車が多いみたいでどの道に行っても交通量が多い。
やだなぁ、と思って道をそれると行き止まり…
なのでがんばって坂を上って田園地帯を走る事にした。

この何にも無い感じ、最高。
ささっと飯田まで行こう。


進めど進めど田園。
照りつける太陽。
道に出れば車、トラック…
店も神社も歴史ありそうな物もなし…
つまらない。
ものすごくつまらない。
暑いし、疲れるし日に焼けるからもう走りたくない。
走りたくない…
という事で一気に坂を下って最寄りの飯田線の伊那市駅へ。
もういやなので、一気に電車で豊橋方面に行く事にしました。
テンション下がった時のこういう決断は早いです。
次の電車まで2時間ほどあるので、昼飯を食べる事に。
スタジオラークの受付、だいちゃんに教えてもらったB級グルメを食べる。
iphoneで検索してその食べ物発祥のお店へ。
そして食べたのがこれ。

「ロー麺」と言います。羊の肉と変わった麺を使った食べ物です。
だいちゃんからは「焼きそばが汁に入ってる感じ」って聞いたんだけど、
まさにそれ以外説明できないような食べ物でした。
すごいうまい訳じゃないけど、はまる人ははまる、って感じ。
腹一杯になったので、口直し?にマックシェイクを飲んで電車に乗り込む。
寝たり外見たり、ぼーーーーーっとして過ごすこと6時間。
途中iphoneで調べたら「豊川稲荷」という大きなお稲荷さんを見つけたので、
豊川駅で途中下車する事にした。

あたりはすっかり薄暗くなってるなぁ。
さすがに電車ずっと乗ってると疲れる。
早速自転車をひらいて豊川稲荷へ。
暗い中中に入るとなかなか立派な寺が。
調べてみるとお寺とお稲荷さんが一緒にあるらしい。

なかなかいい感じなんだけどさすがに暗い…
明るいうちに来たかったなぁ…
しょうがないのでお寺近くを散策してるとうなぎ屋が沢山。
浜名湖が近くだからかな?
うなぎはそんなに好きじゃないけど、せっかくの旅だから食べてみよう。
という事で「曽我の軒」というお店へ。
そしてひつまぶしを注文。

うまい…
関西風らしくて周りがサクサク、中はやわらか。
臭みもないしすごく食べやすい。
もう今日の旅はこの夕飯でおしまいで良いや、と思わせるうなぎ。
満足しつつお会計しながら店のおばちゃんと話してると、
豊川稲荷は朝行くと人いないし、きれいだし良いらしい。
今日全部見れなかったし、明日早朝もう一度こようかな…
ということで牛久保駅の方にある本日の宿へ。
パチンコ屋や温泉施設の上にあるホテルで何かいやだったけど、
豪華にダブルベットで一人就寝。今日の旅はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)