カテゴリー別アーカイブ: でかけた

小淵沢散歩と工房見学

小淵沢に散歩に行って来ました。
天気は快晴、少し寒いけど空気も良くて最高。

普段は車で通る位なので、散歩で歩いてると行ってみたくなるお店がたくさんあってなかなか新鮮。

富士山も遠くに見える。

そして、今回はただの散歩ではなくカリンバや変わった楽器、万華鏡を作ったりしてる『夢弦工房』にも見学行ってきました。
2オクターブの半音階付き、クロマチックカリンバを買いました。

他にも変わった楽器を見せてもらってすごく楽しかった。
帰りは工房から道の駅小淵沢まで送ってもらい、温泉に入って帰ってきました。
久々に山の方に行けてリフレッシュ。
またいこっと。

2011自転車の旅。3日目その2

伊雑皇神社に満足しながら先に進む。
こんだけ盛りだくさんの事をしながらも、まだ時間は9時。
次の目的は、少し東にある大福寺という所だ。
町の看板に案内があったり、ここ独自の納豆があるってことなので期待大。
坂を上り、作りかけの高速をくぐって行くと景色がひらけた。

奥の方にかすかに見えるのは浜名湖かな?良い眺めだ。
ここから少し行くと目的の大福寺。

お寺はなかなか規模も大きくていい感じ。
でも目当ての納豆は今は作ってないらしい。残念。
せっかくだから300円で入れる庭園にも行ってみたんだけど…
ここはひどかった。池があるけどただの庭だよこれ…
ちょっとテンション下がりながら近所の寺を見つつ三ヶ日の町へ。
途中見たお寺はどれもそこまでじゃなかったけど、
三ヶ日の町はみかんがあって面白い。

見にくいけど、オレンジの丸は全部みかん。さすがミカンの町だなぁ。
ミカンの町でふらふらしてたら浜名湖のサイクリングロードを見つけたので、スピード出して一気に浜名湖まで行く事に。
快適に進めるんだけど直射日光がつらい…
ちょっと腕がヒリヒリしてきてるし。
日陰を選びながら進んでついに浜名湖!!

(左のクネクネはレンズのゴミ)
広い、デカイ。まるで海だな。
においも磯のにおいがする、気がする。
よし満足。
満足したら腹が減った。
実は昨日の夜から、昼ご飯はウナギを食べると決めていたので、
目を付けておいたうなぎ屋「加茂」へ走る。
ネットでかなり評判が良かった店だ。
11時開店のお店に10時50分に到着。
開いてたので中に入ったら既に満員。すごい人。
一人だったのでかろうじて空いていたカウンターに座れた。
カウンターからうなぎをさばいてる様子を見つつ待つ事30分。
ついにうな重がきた。

やっぱりまわりがサクサク。中はふっくら。うまい。
うなぎ臭さも無いし、食べやすい。
ひつまぶしも良いけどやっぱうな重もうまいなぁ。
うなぎは関西風の方が好きだ。
そしてあっという間に完食。
うまかった。満足。
満足したら…もう走りたくなくなってきた。
ちょうど東都筑駅が近くにあるので電車乗ろう、
と思ったら真横を電車が通過。次の電車までは1時間はある。
…これは走れという事か。
という事でまた先に進む。

こんな景色を見ながらひたすら東へ。
途中、トイレに行きたいのに店もコンビニもない状況をやり過ごし、
「この辺り」で完全に飲み物がなくなり、熱中症寸前になった。
本気でヤバかったので、なんとか見つけたコンビニで2リットルの水を購入。
頭からかぶり、飲みまくって、ぼーぜんとしてた。
周りの人は怖がらせてすみませんでした。
そしてムキになったようにさらに走り続けて、うなぎ屋から約30km。
急に限界が来て体が動かなくなったのでマックに行き休憩。

マックシェイクが異様にうまい。
異様にうまいという事はもう体が限界だという事だ。
ここから掛川駅までは約25km。時間は15時半。
18時までには行かないと電車で帰れなくなるから…
あと2時間半、ボロボロの状態で進まなくちゃ行けない。
無理か…でも無理でも走らないと帰れないし、
ほかの駅に行くのもまた微妙…
行くしかない…
という事で根性で先に進む。
少し進んで行くと大きな川が。

これは天竜川。昨日自転車や電車からさんざん見た川だ。
下流でも見ると、なんかオーーって気分になる。
ここら辺から何かが切れたようにガシガシと進んで行く。
軽い山越えをして小さな川沿いを走る。

こういう風景は癒されるなー。
そして写真も撮らずにスピードあげて一気に掛川に到着。
所用時間2時間。あしがピクピクする。
微妙に時間が余ったのでせっかくなので掛川城を見る事に。

もう閉園してたけどなんとか写真とった。
なかなかいい感じじゃないか。掛川城。
よしやりきった。満足。
ということで旅の目的地掛川駅にゴール。

ものすごい疲れた。そして満足。
気合いでここまで来て良かったなー。
その後お土産買って4時間以上鈍行電車に乗って旅終了。
今回の旅は電車も含め、移動距離がすごかったので面白かったな。
長野と静岡じゃ全然気候も違うし、植物や空気も全く違った。
その後、
帰った翌日は何もできず一日寝て、
その翌日からは激しい筋肉痛。
そして尋常じゃない日焼け。これが今回の一番の失敗。
強い日焼け止め塗ればよかった…
腕中の水ぶくれは見るだけで寒気が…
という感じです。
色々あったけどとても充実した3日間だったので、
またそのうち旅に出ます。では。

2011自転車の旅。3日目その1

朝5時起床。まだ朝焼けだ…
とりあえず無事起きれたので、今日はもう一度豊川稲荷へ行く事に。
今日行かないと2度と行く機会が無いような気もするし。
そしてその後、浜名湖を通り東に走って掛川まで行く事にしよう。
掛川が今回の旅の終点になる予定で。
支度して6時にホテルをチェックアウト。
空はすごい雲。

人の少ない町をサクサクと20分ほど進んで豊川稲荷に到着。

朝の寺って気持ちいいなー。人がいない。
明るい中散策すると、結構お参りする所が多くて楽しいな。
しかも少し入り組んでて、庭園っぽい所があったり、
廊下の下を歩けたり、林に出たりなかなか見所も多い。
散策してて気づいたんだけど、ここは寺の中に稲荷がある特殊な所らしい。
いきなり豊川稲荷入り口が出てきたのでいざ中へ。
…すごすぎる。
今まで行った稲荷神社で衝撃度は間違いなくNO.1
まずお稲荷さんはこれ。

そして右。

左!

すごい狐の像。
数えられないほどのキツネにびっくり。
本当、何も知らずに来たからすごい衝撃。すごい満足。
そこに、ちょうど朝の掃除?をしてるおじさんがいたので、
ここの豊川稲荷について聞いてみた。
昔はどこでもそれが当たり前だったんだけど、
ここも昔からお稲荷さんとお寺が共存してたらしい。
でも明治時代に偉い人が、
「神様とお稲荷さんが同じ敷地にあるなんてとんでもない!!」
って言い出して、全国のお稲荷さんは移動させられた。
でも、豊川稲荷はがんばって共存し続けた、って事みたい。
おじさんは「人間が後から勝手に決めた事なんだよ」って言ってた。
今も昔も、権力者が決める事にろくな事は無いけど、
お稲荷さんにまでそんな事があるなんてショックだなー。
集団になった人間が決める事に正しい事なんて何一つも無いしな。
だから世の中全部間違ってるのに、あんまりみんな気づいてないしなぁ…
なんて思考が飛び交う中、のどかな国道362を浜名湖方面へ走って行く。
考えすぎて、気づかないうちに農薬散布車の横を走って、
全身に農薬を浴びるアクシデントにあったもののトンネルまで到着。

この国道のこのトンネル、自転車が走れるっぽいので来てみたら、
左手側にすごい狭い歩道があるだけ。
しょうがないので狭い歩道を走って行く。
…これって向こうから自転車来たらすれ違えないよな…
なんて心配したけど自転車も人も来ないで1kmほどのトンネルは無事終了。
トンネルを超えるとそこは…

いい景色。いい眺め。最高。
一気に坂を下って、三ヶ日という所を走る。
ここはみかんが名産らしくてみかん畑が沢山。
昨日寝る前に調べたら、ここら辺は神社やお寺が多いみたいなので
三ヶ日の町をグルッと散策することに。
まずは小道を北の方に進む。

のどかだー。人もいないし、空気も良いし。ほんと気持ちいい。
しかし入り組んだ農道に早速迷った。
目当ての神社も見つからないし…
と思ってたら突然神社発見。
全然気にしてない所だったけどせっかくだから中に入ってみよう。
鳥居をくぐって長い参道を進んで行くと何故か森の中へ…
?なんか変わってるな…
ひらけた方へ進んで行くと神社見つけた。
神社自体は普通だったなー、なんて思いながら森に戻るとなんと…

奥の方に2本の滝が!!
良い。すごく良い。
人もいないし良いとこなのでしばし瞑想。
振り返った森の風景も最高。

すごい所に来てしまったなぁ…
道に迷わなきゃ来れない所だったし、すごいラッキーだ。
ここは今まで行った神社の中でベスト3に入る。
伊雑皇神社。いつかまた来よう。

2011自転車の旅。2日目

旅2日目。
旅の朝は早い。
6時に起きて今日の準備。そして6時45分にホテルの朝食を食べに行く。
このホテルは朝食が評判よかったんだけど、評判通りまぁまぁだった。
それにしても周りはサラリーマンだらけ。
そしてパパっとホテルを後に電車で今日の出発地点の辰野駅へ。
今日はここからひたすら南下して行く予定。
9時前に辰野に着き出発。
いよいよ憧れの長野県南部、飯田の方に行けるからテンションあがるなー。
とりあえず町の風景はこんな。

なかなかのどかないい感じ。
適当に進んでると神社があったので早速寄り道。
中に入ってみると、ボン、ボン、と音がする…
まぁ良いかと気にせずにお参りしてると、上からデカイ実が落ちてきた。

何の実でしょうか?
中は栗みたいのが入ってて、結構でかくて固い。
頭の上にバンバン落ちてくるので早めに退散。
とりあえず先に進もう。
…どうもここら辺は、結構車が多いみたいでどの道に行っても交通量が多い。
やだなぁ、と思って道をそれると行き止まり…
なのでがんばって坂を上って田園地帯を走る事にした。

この何にも無い感じ、最高。
ささっと飯田まで行こう。


進めど進めど田園。
照りつける太陽。
道に出れば車、トラック…
店も神社も歴史ありそうな物もなし…
つまらない。
ものすごくつまらない。
暑いし、疲れるし日に焼けるからもう走りたくない。
走りたくない…
という事で一気に坂を下って最寄りの飯田線の伊那市駅へ。
もういやなので、一気に電車で豊橋方面に行く事にしました。
テンション下がった時のこういう決断は早いです。
次の電車まで2時間ほどあるので、昼飯を食べる事に。
スタジオラークの受付、だいちゃんに教えてもらったB級グルメを食べる。
iphoneで検索してその食べ物発祥のお店へ。
そして食べたのがこれ。

「ロー麺」と言います。羊の肉と変わった麺を使った食べ物です。
だいちゃんからは「焼きそばが汁に入ってる感じ」って聞いたんだけど、
まさにそれ以外説明できないような食べ物でした。
すごいうまい訳じゃないけど、はまる人ははまる、って感じ。
腹一杯になったので、口直し?にマックシェイクを飲んで電車に乗り込む。
寝たり外見たり、ぼーーーーーっとして過ごすこと6時間。
途中iphoneで調べたら「豊川稲荷」という大きなお稲荷さんを見つけたので、
豊川駅で途中下車する事にした。

あたりはすっかり薄暗くなってるなぁ。
さすがに電車ずっと乗ってると疲れる。
早速自転車をひらいて豊川稲荷へ。
暗い中中に入るとなかなか立派な寺が。
調べてみるとお寺とお稲荷さんが一緒にあるらしい。

なかなかいい感じなんだけどさすがに暗い…
明るいうちに来たかったなぁ…
しょうがないのでお寺近くを散策してるとうなぎ屋が沢山。
浜名湖が近くだからかな?
うなぎはそんなに好きじゃないけど、せっかくの旅だから食べてみよう。
という事で「曽我の軒」というお店へ。
そしてひつまぶしを注文。

うまい…
関西風らしくて周りがサクサク、中はやわらか。
臭みもないしすごく食べやすい。
もう今日の旅はこの夕飯でおしまいで良いや、と思わせるうなぎ。
満足しつつお会計しながら店のおばちゃんと話してると、
豊川稲荷は朝行くと人いないし、きれいだし良いらしい。
今日全部見れなかったし、明日早朝もう一度こようかな…
ということで牛久保駅の方にある本日の宿へ。
パチンコ屋や温泉施設の上にあるホテルで何かいやだったけど、
豪華にダブルベットで一人就寝。今日の旅はここまで。

2011自転車の旅。1日目その2

お寺に満足しながら先に進んで行くと今度は石畳の町並みが。

ここら辺は集落みんなで石畳の景観を作ってるみたいで、
なんか雰囲気が統一されててすごく良い。
そのまま石畳を進んで行くと神社とお墓を発見。
散策してると、松本テレビ?のカメラが中を撮影をしてた。
人気スポットなのか?
カメラを気にしつつ神社を後に進む。
坂を下って行くと田園風景と線路に来た。

ちょうど駅があったので撮影。
右に移ってるのがほぼ駅のすべてで無人。いいな。
やっぱ単線は情緒がある。
どんどん北へ進む。
結構山を登ってるので体力がヤバくなってきてるけど走る。
リンゴ畑を見ながら走ってると大きな神社に到着。

この神社は大宮熱田神社というらしい。
なかはかなり立派な木が沢山あって雰囲気が半端じゃない。
お参りしてテンションあがったのでおみくじもひいた。
何故か見る前から分かってたけど大吉だった。当然。
近くのベンチで仕事してなさそうな近所のおじさんがボーっと座ってたので、親近感から話しかけようと思ったんだけど、なんか話しかけるなオーラがでてて断念。残念。
悔いがのこりながらも走る。
山の近くの蕎麦畑ではそばの花が満開。

山に満足したのでそろそろ松本方面へ。
あんまり遅いお城見れなくなっちゃうし。
平地に戻って東に進んでいると大きな水路を発見。
大雨の影響か水面が近くてドキドキする。

ずんずん進んでまた神社を発見。
名前は分からないけど、長い参道が雰囲気抜群。

松本城を求めて一気に松本に到着。
迷いながら進むと、ついに4年越しくらいの…

松本城!!
思ったよりずっと良い。
市街地だからゴミゴミしてるかなとか小さいかなって思ってたけど、
お堀もお城もいい感じだなー。満足。
満足したので今日のホテルへ…
と行こうとした途中で「縄手通り」という石畳に整備された露店街を見つけたので道草。
お祭りみたいな面白い雰囲気だ。
そして縄手通りの真横にこんな神社を発見。

四柱神社というらしい。
ここはおすすめ。この神社は良い。
町中なのに別世界な空気で寒気がします。良い意味で。
満足。
この後は宿に自転車置いて薄暗くなった松本の町を少し散策。
松本の町って歴史もあるけどちゃんとお店もあるしなかなか良い町。
そんな感じで一日目はおしまい。